忍者ブログ
今:悠々自適な気分。将来:ホンモノの悠々自適。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 ほんた。東京マラソン完走記のつづき。

25キロを過ぎて浅草へ向かう。雨が降り始めたからか、それとは全く無関係か、とにかく空腹感が出始めた。そこに現れた給水ポイントでバナナを配っている。思わず受け取って一口食べてみた。しっかり熟してやわらかく、疲れた体で走りながらでも食べられる。とそこに人形焼!人形焼って速いランナーがみんな食べちゃって私くらいの通過時刻では手に入らないんじゃなかったの?!手を伸ばそうとしたがその手にはさっきもらったばかりのバナナが・・・人形焼を目にしながら、手を伸ばせば届くところまで来ながら、通過してしまった。無念。

浅草が近づくにつれ、向かい風が強くなる。折り返し直前はものすごい風だった。ということは、折り返してからは追い風になる。しかしこの頃にはその追い風すら楽には感じないほど疲れてしまっていた。25~30キロのラップは29分弱。本格的な雨になっているし風もあるし、まだ10キロ以上残っている。サブ4は達成できるのだろうか。最後のエナジージェルを投入。

このあたりから先はもうろくに何も考えることができず、ただペースを落とさないように足を交互に前に出すのを繰り返すのみ。やっぱり「フルマラソンは30キロが半分」っていうのは当たっているな。30~35キロのラップは30分ほど。ペースダウンが止まらないがまだキロ6分をキープできているのは、ここまではアップダウンがないコースだからだろう。

築地から新大橋通りを北上、入船橋の交差点を右に曲がると上り坂に挑んでいるランナーが見える。佃大橋だ。上り坂、といっても先月経験した香港マラソンの終盤の坂に比べたらたいしたことはないような坂だ。しかし、長い。ダラダラと上りが続く。橋の上ではロッキーのテーマを大音量で流している人がいた。雨風が強まり沿道に立っているのもつらいだろうに、これには背中を押される感じがした。とはいえ、背中を押されようが何しようが、この坂で完全にスタミナ切れ。

豊洲付近、38キロ地点の給水所にはこっしーがボランティアで参加していると、事前にデカちゃんから聞いていたのだが、残念ながら見つからなかった。後で聞いたところ二列目にいたとのこと。よたよたと走るのに必死になっていた私には、そこまで探す余裕はなく。東雲のイオンの前の小さな橋ですらかなりこたえる。

35~40キロは34分、キロ七分近くかかってしまった。4時間まで残り12分少々となり、その時点でのペースを考えると残念ながら目標達成に赤信号点灯。4時間切りを目指すランナーにどんどん抜かれていくが、とても着いて行く力など残っていない。歩いているのか走っているのかわからないようなスピードでゴールを目指す。

残り一キロを切ったところで急に少しだけ足が軽くなり、ペースアップ。しばらくの間抜かれる一方だったが、ここからラストまでは周囲のスピードに着いて行けた。

道から外れ、ビッグサイトへ入る。最後に右に曲がってゴールのゲートが見えたときには「やっと終わりか、タイムは残念だけど完走できた」という思いと、意外にも「とうとう終わってしまうのか」というちょっと残念な思いが交錯。放送で「女子野球選手、片岡安祐美さんが間もなくゴールします」とか言っているのが聞こえた。あとで記録を見ると、私の30秒ほど後ろにいたようだ。

軽くなった足取りのままゴール・・・したつもりだったが、あとで自分のゴールシーンをWEBで見ると、不恰好なガニ股でよたよたとゴールしていた。グロスで4時間11分少々、ネットで4時間4分少々。目標の四時間切りにはわずかに届かなかった。30キロ以降が課題だが、走り始めたときには10キロに壁があるように感じたし、その壁を越えると15キロ、それを超えると20キロ、というように徐々にクリアしてきた。ちゃんと走りこめばこの壁もそう遠くなくクリアできるのだろうか。

ゴール後は流れ作業。チップを切り外してもらい、そのチップと交換に完走メダルをかけてもらう。それからスポーツタオルを受け取って、雨に濡れた体をぬぐう。とても気持ちがいい。タオルというものがこんなにありがたいサービスだとは。

果物と水が入った袋、エアーサロンパス、そして預けた荷物を受け取る。このマラソンのボランティアの方々は、みんななんでこんなに笑顔で元気なのだろう。天気も悪いし、もうトップがゴールして一時間以上経っているというのに。本当にありがたい。何かそういう教育の機会があるのだろうか。周りに影響を受けるのだろうか。こんな経験をすると、「ボランティアを義務付ける」とかとんちんかんなことを言った人の気持ちもわからないでもない。

奥へ進んで着替える。左足の甲が痛むものの、CW-Xを脱いでテーピングを外しても右膝は痛まない。アスリートクラブで調達した新シューズ&インソールと、CW-Xのおかげだろうか。

足湯まで用意されているが、この後職場へ直行しなければならず、後ろ髪を引かれる思いで後にする。ここで足湯に入ったら一時間は出られなくなりそうだ。

更衣スペースの出口ではおにぎりまで配っている。新潟のお米で作った、とか言っていた。かなりの空腹で、おいしく頂いた。

走り終えたランナーと、それを出迎える人たちでごった返す中を、駅へ向かって歩く。さっきより雨も風もかなり強まっているようだ。「月島へ行くバスが出る」と案内があったので、ゆりかもめではなくバスに飛び乗る。席に座ることができた。

ちょうどさっき走ってきた区間の反対車線を行く。一番きつかった所だ。相変わらずかなりの数のランナーがゴールを目指し、沿道では応援する人がいて、ボランティアの方が水や食べ物をふるまっている。そんな光景を見ていたら、あと五分で目標達成を逃したことが無性に悔しくなった。また来年も応募してみようか。

このバス、マラソンによる通行規制の影響だろう、遠くないはずの月島まで相当時間がかかった。失敗。

---------------------------------------
4:04'11 (2009/03/22 東京マラソン2009)
PR

この記事にコメントする
Name
Mail
URL
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
[367] [366] [365] [364] [363] [362] [361] [360] [359] [358] [357]
| Admin | Write |
プロフィール
HN:
ほんた&ほんこ
性別:
非公開
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
by デッカ (06/08)
by DECA (05/06)
by DECA (01/20)
by DECA (11/23)
by 江古田小第百回卒業生 (10/20)
by DECA (10/18)
ブログ内検索
4travel
UNIQLOCK
JOGNOTE
次回参加予定
FX
geovisite
アクセスカウンタ
忍者ブログ [PR]
Special Thanks to astrolaBlog & ふわふわ。り