忍者ブログ
今:悠々自適な気分。将来:ホンモノの悠々自適。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 ほんた。

ニューヨークシティマラソン完走から一週間。湘南国際マラソンに参加してきた。

デカ氏に誘われて申し込んだのが4月だか5月だか。このときはまさかニューヨーク当選するとは思っていなかったので、二週連続でフルマラソンを走れるかテストすることになってしまった。しかもニューヨークでは右膝の痛みが発症した上での完走で、走る前から完走できる気がしなかった。一応、テーピングをして悪あがき。

朝二本目の電車で最寄り駅を出発。目的地が同じである乗客もちらほらと。小田急で藤沢へ出てJRに乗り換えるルートで向かったが、JRは通勤ラッシュ並の大混雑。ほぼマラソン参加者だ。交通手段がJRしかないから当然だ。大磯駅からウォーミングアップがてら30分ほど歩いて会場へ。この距離を歩けないようじゃスタートしない方がいい。途中でデカ氏と合流。膝は会場到着時にはとりあえず問題なし。

荷物預かりが大混雑、何とか預けてスタート地点に向かう途中で号砲。これまで参加した大会の中で、もっともしまらないスタートだ。さらに、スタート地点手前の簡易トイレに並び、用を済ませた時には号砲から15分以上経過していた。ところが、今頃スタートへ向かっているのは私たちだけではなく、ぱらぱらといるのだ。そんな私たちに突如大会スタッフの声「20分経つとスタートが認められません!」って突然言うかい!慌ててスタートラインへ向かって走り出す。私たちのスタートは実に号砲から19分以上経過していた。20分を過ぎてしまった人はどうなったのだろうか。

しばらくは自動車専用道の西湘バイパスを走る。キロ七分に近いのんびりペースでデカ氏と話しながら。デカ氏も腰痛からの復帰後初フルとあって、お互い記録とは無縁の大会なのだ。

私はスタート早々、ものの5キロもいかずに右膝に違和感。徐々にスピードを上げていくがキロ6分半までが限度。江ノ島の折返し手前あたりでデカ氏に着いていけなくなる。

折り返して早々、両足同時に鋭い痛みが走って足が止まる。一度止まるともう走り出せない。しばらく歩いていればよくなるかも、と淡い期待を抱いて歩く。

ところが、二キロも経たずに歩くことすら苦痛になってびっこをひくようになってしまった。これはダメだ。さすがに諦めて、沿道のスタッフにリタイアしてスタート地点へ戻るにはどうしたらよいか尋ねる。すると、「その先の交差点から茅ヶ崎駅行きのバスが出ているので・・・」とのたまう。私無一文なんですけど。「あー、じゃあ歩くしかないですね。」リタイアした人を回収するバスってないんですか?「無いみたいですよ。倒れちゃった人は何とかしているみたいですけど」

うそー。仕方なくびっこ引きながら歩く。回収手段がないっていうのは非常に疑わしいが、関門をクリアできなかったとしても歩いて戻るしかないなら歩くしかない。何とか27キロまで来たところで救護スタッフに声をかけられる。「もう歩くのは無理ではないですか?この先の関門にも間に合いませんので、やめておきませんか?」はいやめます。でも歩いて戻るしかないって聞いたので・・・「最後尾からバスが来ますから。」やっぱりバスあるんじゃないか。おかしいと思ったよ。

縁石に腰をかけてコールドスプレーをかけてもらってバスが来るのを待つ。やがて最終ランナーが通過し、バスが来た。満員のバスが通過し、すぐ後ろから来たガラガラのバスに乗る。座席に座れたのはついていた。その後、関門ではバスを待つ長蛇の列。乗れるだけ乗せた満員のバスがわずか数キロ先のスタート地点に戻るまで、マラソン大会開催に伴う道路渋滞で二時間もかかった。4時間半ほどでゴールしたデカ氏より相当遅れてしまった。

フルマラソン参加5回目にして初のリタイア。さすがに二週連続フルマラソンはまだ無理だった。参加賞Tシャツはもらえたものの、当然完走メダルはもらえない。誰もが身に着けている中で、自分には無いというのはなんだか悔しいものだ。

とりあえず、しっかり休んで膝を直そう。でも既にエントリーしているフロストバイトまでには何とか完治させたいところだ。
PR

 ほんた。

Qさんのお誘いで、日本シリーズ第五戦・ファイターズvsジャイアンツの試合を観戦してきた。東京ドームでファイターズが戦う日本シリーズの試合が見られるのは感激だ。長年のちょっとした夢がかなった感がある。Qさん、ありがとうございます。

退社間際に依頼された仕事をあわてて片付けて東京ドームへ。着いた時には1-0でファイターズリード。

ファイターズはジャイアンツの先発ゴンザレスの前にチャンスらしいチャンスを作れない。一方、ファイターズ先発の藤井もランナーは出すものの点は与えず終盤へ。

八回裏から建山登板。早速、死球を与えて盗塁されて降板。最近、建山が満足に抑えるところを見た記憶がない。代わった林が大道に当たり損ねのライト前タイムリーを打たれて同点。

それでも九回表に高橋信二がホームランで一点勝ち越し。さすがに勝ったと思ったらその裏に武田久がソロホームランを二本打たれてサヨナラ負け。隣のジャイアンツファンのおじさん、大喜び。

私には武田久も不安定なイメージがあって、必ずピンチを迎えて何とか乗り越える、そんな試合ばかりだった気がする。今年無敗っていうのと防御率1.20っていうのは私には信じられん。ピンチを迎えると印象に残るからだろうか。

---------------------------
日2-3巨(5日) まさかのサヨナラ負けで巨人が王手

日本ハムは2-1の九回、武田久が2本塁打を浴びて逆転サヨナラ負けを喫した。

日本ハムは二回二死一、三塁で藤井の三ゴロが敵失を誘って先制。1-1の同点で迎えた九回、高橋の2試合連続弾で勝ち越した。

先発の藤井は7回無失点の好投を見せたが、建山、林のリレーが失敗して同点となった。2-1の九回、抑えの武田久が先頭の亀井に同点ソロ、一死後に阿部に逆転サヨナラ弾を打たれた。  

(北海道新聞ウェブサイトより)

 ほんた。

久々の練習参加@多摩緑。ちょうど練習開始とともに微妙に雨が落ちてくる。なんとか上がってくれれば・・・と願いつつ、内野ノックから外野ノック。

しかしその願いむなしくフリーバッティングを始めた頃から次第に雨脚が強くなり、結局開始から一時間半持たずに終了。グローブからスパイクからびしょびしょに。とらちゃんとそーりさんには荷物を雨宿りさせてもらいありがとうございました。

Soheyさんと一緒の帰途、本家Fsが楽天に勝利してパシフィックリーグ制覇が決まる。正直、44年ぶりに優勝した三年前の感激と雲泥の差。それでもせっかくなので祝杯を挙げようと、シメイブルーを買って帰宅。

 ほんた。

クライマックスシリーズ第二ステージが開幕。ファイターズvs楽天は1-6から最後はスレッジのサヨナラ満塁ホームランでファイターズの勝ち。これまで勝ち上がってきた楽天の勢いを止める劇的な勝ち方だった。もちろんテレビ観戦だが、久しぶりに鳥肌が立った。

その後、ワールドシリーズ第二戦のチケット獲得を試みる。もしヤンキースが勝ちあがってきたらちょうどニューヨーク滞在中にワールドシリーズが開催されるのだ。

・・・当然、撃沈。

---------------------------------
日9―8楽(21日) 日ハム、九回に5点で逆転

日本ハムが劇的な逆転サヨナラ勝ち。5点を追う八回に4連続長短打などで3点。2点を追加され、4―8となった九回には稲葉の適時打で1点。なお1死満塁で、スレッジが福盛から左翼に本塁打を放って勝負を決めた。

楽天は打線が活発で終始優位に進めたが、第1ステージで出番がなかった救援陣が終盤にことごとく乱れた。

(北海道新聞ウェブサイトより)

 ほんた。

来年1月に横田基地で開催されるフロストバイトロードレース(ハーフ)にエントリーした。今年はスタート早々故障して苦しいレースとなってしまったので、今度こそハーフ自己ベストをノルマとしたい。

---------------

今後のレース参加予定:

11/1 ニューヨークシティマラソン(フル)
11/8 湘南国際マラソン(フル)
1/17 フロストバイトロードレース(ハーフ)
2/28 東京マラソン(フル)

あとは横田の前に一度くらい駅伝が入るかもしれないな・・・

[4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14]
| Admin | Write |
プロフィール
HN:
ほんた&ほんこ
性別:
非公開
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
EntryNavigation
最新コメント
by デッカ (06/08)
by DECA (05/06)
by DECA (01/20)
by DECA (11/23)
by 江古田小第百回卒業生 (10/20)
by DECA (10/18)
ブログ内検索
4travel
UNIQLOCK
JOGNOTE
次回参加予定
FX
geovisite
アクセスカウンタ
忍者ブログ [PR]
Special Thanks to astrolaBlog & ふわふわ。り