忍者ブログ
今:悠々自適な気分。将来:ホンモノの悠々自適。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 ほんた。

膝痛は快方に向かっている。平地も下り坂も普通に歩けるようになった。電車で座っていて立ち上がる時に感じた痛みも消え、上り階段を歩くこともできるようになった。たぶん下り階段も平気だとは思うが、普段から張りを感じる状態は続いているのであえて避けている。

一般的には「順調な回復」と言うのだろうが、香港マラソンまで10日を切って張りがある状態というのはあまりいい気分ではない。仮にこの張りが無くなっても、もう当日まで可能な限り安静。とうとう一度も25キロ以上を走った経験が無いままフルマラソンのスタートに立つことになるのだ。

香港マラソンは、ダメそうならすぐリタイアするつもりでいる。さっさとキャンスパしてまた来年来ればいいのだ。キャンスパ?でかちゃんによると、リタイアしてスパでもエステでも足マッサージでも行くことらしい。

ところがその六週間後に控えている東京マラソンはそうはいかない。また来年も当選する可能性の方が落選する可能性より低いのだ。くじ運は自分で何とかできるものではない。だから、東京マラソンには何とか間に合わせたい。

色々調べている中で、アスリートクラブというカスタムメイドのインソールのお店があることを知った。すごいのは、膝痛に苦しんでいるランナーで「この店のインソールを使用したが効果が無かった」という話が、ネットで調べる限り見つからないことだ。話だけでも聞いてみようと予約を入れたのが前日の木曜日。

使用しているGT-2130SWを持って訪問。男性のスタッフが対応してくれた。簡単なカウンセリングシートに症状やタイムを記入、足裏への体重のかかり方、足首の柔軟性を調べる。足首の柔軟性って言っていたけれど、椅子に座った状態で膝を伸ばしたまま同じ高さの椅子の上に足を乗せ、足首を曲げるという姿勢を取って図るので、太もも裏の柔軟性を調べられている感じだ。殆ど曲がらず、「重症です」と言われた。店員さんがメモしているシートには両足とも「1゜」と書いてある。ランナーであれば15゜は欲しいとのこと。

カウンセリング。顎を上げて走る癖がある旨を話すと、少し考えてから「前傾になっているため膝に負担がかかる。痛みが出たら、顎を引いて、背筋を伸ばして走るよう意識して5分も我慢していれば楽になるかも」とアドバイスを受けた。そんなんで本当に痛みが取れるのか、半信半疑だが・・・

ついでに、最近は殆ど出なくなった左足の甲の痛みも聞いてみる。足首と親指の先との真ん中当たりの出っ張っているあたりが腫れることがよくあったのだ。これは明確な回答で、左足の先を逆ハの字のように外に向けて走ってしまっているからだ、と。踵から拇指球へ抜けるはずの力がその痛むところへ抜けてしまっている、と。確かにそうだ。左足先を開いて歩く癖がある。膝も甲も結局はフォームの問題か。

使っている靴が適切が見てみる、とのことで約二週間ぶりにGT-2130を履く。長さはいいが、スーパーワイドでは幅が広すぎる。普通の幅のものの方が良かった、とのこと。購入を考えていたときの自分の感覚は間違っていなかったのか、あるいは月日の経過で足が小さくなったり靴が伸びたりしたのか。

顎上がり前傾姿勢をインソールでカバーするためには、アシックス以上に重心を後ろに持ってこられるニューバランスの靴がいいとのこと。私のように重心が前過ぎて太ももの前に負担がかかる一方裏側を使えない人には、ニューバランスの靴、次いでアシックスの靴の順に適しているそうだ。メーカーによって違うなんて素人にはわかりっこない。今のシューズはまだ使えるとはいえどのみちまもなく寿命を迎えるし、新調することにしよう。出してもらった靴に足入れ。今のGT-2130よりはるかにフィットする。圧迫感も靴紐で調節できる範囲内。違うサイズのものを履いてみたりしてみたが、ほぼお任せで決定。試しに既製のインソールを合わせて履いて見た上で最終チェック。奥から上司にあたるのだろうか、女性スタッフが登場。「シューズのサイズに問題なし。ただし走るときはもっと足先を閉じて。」・・・ただ立っている姿勢からして逆ハの字が顕著なのだ。

以上、40分程度で終了。受取りは半月後なので当然香港マラソンには間に合わないが、東京マラソンには十分間に合う。さて、このシューズとインソールとフォーム改善意識で、膝の痛みから解放されて全力疾走できるようになるのだろうか。

それはそうと、香港はどうするか。テーピングにするかサポーターにするか迷っている。
PR

この記事にコメントする
Name
Mail
URL
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
膝がやばくなったら「キャンスパ」。これ重要。
大体マラソンだと10キロ位走って痛くなったらキャンスパ。
でも30キロとかで痛くなったら微妙ッスね。
自分も25キロから先は必ず膝とか痛くなりますし。
そこら辺は難しいけど判断だ!!
Posted by DECA at 2009.02.03 00:11
Edit
先週野球休んだからか、膝の調子は悪くないので頑張って走ります。とか言って、走り出すとまた痛むんだろうなあ。本気でCW-Xを買おうかどうか迷った挙句、財布を見てテーピングして走ることにしました。図書館で借りてきたテーピングの入門書が三冊もありますわ。普通の伸縮性テープとキネシオテープのどちらにしようか思案中。
2009/02/04
この記事へのトラックバック
[355] [354] [353] [352] [351] [350] [349] [348] [347] [346] [345]
| Admin | Write |
プロフィール
HN:
ほんた&ほんこ
性別:
非公開
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
by デッカ (06/08)
by DECA (05/06)
by DECA (01/20)
by DECA (11/23)
by 江古田小第百回卒業生 (10/20)
by DECA (10/18)
ブログ内検索
4travel
UNIQLOCK
JOGNOTE
次回参加予定
FX
geovisite
アクセスカウンタ
忍者ブログ [PR]
Special Thanks to astrolaBlog & ふわふわ。り