忍者ブログ
今:悠々自適な気分。将来:ホンモノの悠々自適。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 ほんた。今日は「EKIDEN カーニバル 2009 東東京大会in北区荒川」のショートの部に参加してきた。メンバーはいつもの野球仲間ではなく、義理の父と義理の姉と甥兄弟と私からなる親戚チーム。

小学二年生になったお兄ちゃんは、サッカーをやっているのでもともと走るのはあまり抵抗がない。私が東京マラソンに出て完走したという話を聞いて、走りたくなったと聞いたので、ちょうとエントリー受付中だったこの大会のショートの部(5km・3km・1km・3km)に、私・ほんこさん・お兄ちゃん・スポーツ大好きな姉(兄弟からするとお母さんだ)の四人でエントリーしたのだ。

ところが、ゴールデンウィーク明けからほんこさんが体調を崩してしまって、代わりにその弟(幼稚園!)が出ることになった。弟は、お母さんとお兄ちゃんが近所の公園で練習している中、自分だけ応援というのがつまらないと漏らしていたらしいので、代打の打診に即快諾。お兄ちゃんと一緒にサッカーをやっているし、1kmなら平気だろう。ただ、どこで折り返すとかわからないだろうし、伴走として義理の父(兄弟からするとおじいちゃんだ)が走ることになった。もともと1kmを走る予定だったお兄ちゃんは、前日になって未知の3kmを走ることになった。お兄ちゃんは「1km余裕~」と言っていた手前、不安ながらもOKせざるを得なかったらしい(笑)。

朝起きたら左ひざ下に違和感。念のためCW-Xを着用することにした。

天気は晴れ、気温は30度に達するくらいの暑さ。(スタート時に放送で「39度」と言っていた。「いくらアスファルト上とはいえ、29度の間違いだろう」と思っていたが、ショートの部の前に午前中に行われたロングの部のスタート時には35度と言っていたらしいので、実際に39度だったようだ。暑い。)河川敷のサイクリングロードがコースとなるが、コース沿いには日陰になるところがほとんどないので、堤防の上の木陰にレジャーシートを広げた。本当はコース沿いに陣取ることができれば応援もできて楽しいのだが、この暑さでは仕方がない。

私は一区5kmを走る。トイレへ向かうみんなとわかれ、スタート直前の列の後ろに並んだ。

スタートロスは12秒ほどで、しばらくは多摩川リバーサイド駅伝と同様、脇からどんどん抜いて行く。最初の1kmは4分18秒と飛ばし過ぎ。ああ、多摩川リバーサイド駅伝と同じ失敗をしてしまった。しかし今日は半分の5kmだ。何とかスピードを落とさずに行こう。ドラえもん(目の前にドラえもんの仮装をしたランナーが同じようなスピードで走っていたのだ)に負けるのはしゃくじゃないか。(途中でドラえもんを一度は抜いたものの、再度抜き返されて結局勝てなかったのだが。)

1~2kmは4分22秒、折り返しのターンを含む2~3kmは4分32秒。折り返して若干の逆風になったのも減速の原因だが、もうこの頃には暑さに参っていた。8月に走る北海道マラソンがちょうどこれくらいの気温なんだよな、こんなので完走できるのかな、とか考えながら必死で走る。

それでも徐々に減速、4kmまで4分42秒。最初に出た大会である一年前の横田駅伝、あれも5kmなのだが、故障によるブランクがところどころあるとは言え一年間トレーニングしたのに、その記録より悪い記録になるなあ。とか考えながら必死で走る。5kmって必死で走っているうちに終わってくれるので助かるな。

最後の1kmは、例のごとく時計を止め忘れて不明。たぶん5分ジャストくらいではなかろうか。5kmで23分ちょうどくらいだろう。二走のお母さんにはスムーズにたすきリレー。お母さんは当然このような大会の参加は初めて。番号を呼んでくれるわけではなかったので、自分で見つけなければならない中よくうまくいったものだ。

荷物を置いているところまで戻ると少し遠い。三区を走る弟とおじいちゃん、四区を走るお兄ちゃんも来ていたので、そのまま中継所付近で待った。

中継所で待機する他のランナーの隙間から、戻ってくるお母さんを探さないといけない。ところが、私はお母さんの服装をはっきりとは覚えていなかった。四区のお兄ちゃんが「いた!」と叫んだので、三区を走る弟とおじいちゃんを送り出す。ところが、待機するエリアを間違えていたため、たすきリレーがうまくいかず少しだけロス。

それでも何とか送りだすと、さすがに1kmはあっという間、すぐに弟とおじいちゃんが手をつなぎながら戻ってきた。弟がおじいちゃんを引っ張りながら。ちゃんと走りきれるか心配していたが、杞憂だった。

最後、アンカーのお兄ちゃん。初めての大会で走ったことがない距離を小学二年生一人で走るのはさすがに不安だろうと、もう下位になって空いているコース上を一緒に走ることにした(ルール上は小学生の伴走はできないことになっている)。3区1kmの折り返し地点はすぐにあったが、そこから4区の折り返しがなかなか見えず、「もう1km走った?」「折り返しはまだ?」と何度も聞かれる。徐々にペースが落ちてくるが、ときどき抜いて行くランナーに「頑張れ!」と声をかけられながら、一歩一歩走り続ける。

折り返し地点が見えて走らなければいけない距離感がつかめたのか、スピードアップ。折り返してすぐの給水では歩きながら水を飲んだり(そりゃあ走りながら水を飲むのはなかなか難しい)、手をコップに浸しておでこに塗ったりしたが、すぐにまた走りだす。残り1kmを過ぎたくらいで反対側からお母さんと弟がやってきた。弟とハイタッチしてまたスピードアップ。このあたりからゴールまでは声援も増える。特にちびっ子への応援は多い。「お兄ちゃん頑張れ頑張れ!」と声をかけられるたびにスピードが上がる。やっぱり応援は力になるものだ。

ゴールが見えた。さすがにそれまでスピードアップした以上にはスピードが上がらなかったが、ゴール前で二人の大人を抜いてゴールした。小学二年生に3kmはきつかっただろう、よく走りきった!

ゴール後、しばらく給水所でゆっくりオレンジを食べ水を飲む。頭から水をかぶって荷物が置いてあるところへ戻る途中でお母さんと弟と合流。弟の首からメダルがかかっている。ああそうだ、小学生以下の子はメダルがもらえるって書いてあった。近くの係員の人にどこでもらえるか尋ねると、ゴール地点で配っているという。ゴールまで戻ってメダルを受け取り、シロップかけ放題のカキ氷をお母さんから買ってもらい(あらゆるシロップをかけてトロピカルなカキ氷になった)、荷物番をしていたおじいちゃんと合流した。

お兄ちゃんも弟もお母さんも、また是非走りたいのでトレーニングしておくとのことなので、秋にどこかの駅伝大会に誘ってみようと思う。
PR

この記事にコメントする
Name
Mail
URL
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
11/7(土)は国立昭和記念公園でekidenカーニバル西東京大会が開催されますよ。セットで出るチームも多いようですので、ぜひ参加を
Posted by 私も走りました at 2009.05.11 13:51
Edit
お知らせいただきましてありがとうございます!昨年、この大会のロングの部に出ました。EKIDENカーニバルは距離に差があるので、大人も子供も楽しめていい大会だと思います。今年もきっと参加することになると思います!
西東京エリアはこの他にも横田や相模原、神奈川では日産スタジアムや川崎で駅伝が開催されますが、東東京エリアで開催される駅伝は存じ上げません。きっとどこかでやっているのでしょうが・・・
2009/05/11
この記事へのトラックバック
[374] [373] [372] [371] [370] [369] [368] [367] [366] [365] [364]
| Admin | Write |
プロフィール
HN:
ほんた&ほんこ
性別:
非公開
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
by デッカ (06/08)
by DECA (05/06)
by DECA (01/20)
by DECA (11/23)
by 江古田小第百回卒業生 (10/20)
by DECA (10/18)
ブログ内検索
4travel
UNIQLOCK
JOGNOTE
次回参加予定
FX
geovisite
アクセスカウンタ
忍者ブログ [PR]
Special Thanks to astrolaBlog & ふわふわ。り